会社沿革

明治31年 先々代 澤田儀三郎 土木建設業に従事する。
明治35年 台湾水力発電所新設工事
その他台湾総督府土木局関係工事
(基高、高雄、両港の築港、トンネル、鉄道施設、官庁、学校の建設)に従事。
大正元年3月 内地帰還の上、鶴見埋築kkの京浜
潮田等の埋築事業の監督、浅野造船所、日本鋼管等の関係事業に従事。
大正6年5月 土木建築業独立開業 澤田組設立。
日本発送電、臨海鉄道、浅野セメント、日本金属、川崎市、神奈川県、東京都等の諸建設業に専念する
昭和30年3月 有限会社澤田組と改名。
先代 澤田義一郎が社長となり後を引き継ぐ。
昭和38年4月 株式会社澤田組と改名。
昭和63年6月 澤田英樹が代表取締役に就任。現在に至る。
川崎市発注aクラス工事、㈱デイシイの発注工事

経営理念

株式会社澤田組は、優れた技術の創設と誠意と熱意をもって地元お客様に愛され信頼される会社であることを目標としています。優れた製品を作りだし常にお客様のニーズに答えられる会社でありたいそれが当社のモットーです。